消費者金融

銀行ローン

一般の消費者金融が年利10.0%前後で貸出しているのに比べ、銀行ローンは3.0%前後で貸し出しています。原資は顧客のお金(預金)なのだから、安く貸せるのは当然のことですが、人間誰しも金利の高い消費者金融よりは利息の低い銀行ローンを利用したいのは当然のことでしょう。しかし本当にお金に困っている人たちが銀行から融資を受けるのは、ほぼ不可能といっても過言ではありません。銀行ローンというのは、かなり厳しい審査をクリアしなくてはならないからです。消費者金融と比べても、多くの書類を提出しなければなりません。基本的に銀行は土地や建物などの不動産を担保を差し出さないと、応じてくれません。お金に困っている人なら尚更です。とにかく、銀行はリスクをとりたがりません。石橋を叩いても渡らないとはこのことですが、そんな石頭なことをしているから、バブル崩壊後に莫大な不良債権を築いてしまったのでしょう。
ネットキャッシングレディースローン専業主婦無利息ローン

即日融資

また、消費者銀行の強みの一つがスピード審査にあります。いわゆる「即日融資」です。銀行ローンの場合、融資の実行は早くて一週間、遅くて一ヶ月以上待たされることも珍しくありません。今すぐにお金が必要な時、こんなに時間がかかっているようでは干上がってしまいます。少しばかり金利が高くても、手軽に借りれる審査の甘い消費者金融へ顧客が流れてしまうのも当然のことでしょう。銀行も最近になって消費者金融業界に参入してきました。大手の消費者金融を買収してのものだから、金融業界のノウハウを得ているのが強みです。以前の銀行ローンのようなお粗末な代物ではないことを祈るばかりです。

貸金業に関する取り決め